TOP > メンズ用語辞典 CLYSTAL GLOSSARY 目次 > 仮性包茎

0120-19-8898

ご相談フォーム

ご予約フォーム

相談直通メール info@mencli.com

※写真を添付して頂ければ
無料で前診断致します。

メンズ用語辞典 CLYSTAL GLOSSARY

仮性包茎

仮性包茎とは亀頭が露出していないが、勃起時や手で包皮を引っ張ると亀頭が露出してくる状態で、勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。

一般的に、仮性包茎は包茎の種類で一番多いタイプになります。
普段、仮性包茎は包皮がかぶっているため、汗や尿が溜まり、悪臭の原因や病気の温床を作り、雑菌やウイルス、性病の菌等も繁殖しやすい環境になります。
仮性包茎は不衛生になりがちな上、陰毛が包皮に絡まり傷をつけるので包皮炎や亀頭周囲炎などの病気になる可能性があります。
病気ではありませんが、仮性包茎の男性にはフォアダイスがよく見られます。

性交渉時も余っている包皮があると、外部からの刺激に弱くなり、早漏になってしまったり、逆に包皮が邪魔をして、不感症になることもあります。
女性に対しても包皮が邪魔をして刺激がうまく与えられないこともあります。
また、仮性包茎の場合、見た目等が気になり銭湯で恥ずかしい等の下半身のコンプレックスの原因なってしまう事もあります。
仮性包茎によって何らかの不都合がある方には、包茎治療をお勧め致します。

←「インポ・インポテンツ」へ △目次へ戻る 「カントン包茎」へ→
 
診療メニュー

包茎の悩みについて包茎の種類について包茎手術について包茎治療の流れ