TOP > 包茎手術 > 包茎手術について

0120-19-8898

ご相談フォーム

ご予約フォーム

相談直通メール info@mencli.com

※写真を添付して頂ければ
無料で前診断致します。

包茎手術について(クリスタルメンズクリニックの包茎術)

美しさへのこだわり プランニング オーダーメイド

クリスタルメンズクリニックでは患者様一人ひとりの包皮の厚さや余り具合を考え高度な技術を駆使した手術法を採用しております。
美しくより自然な仕上がりを実現するために機能性はもちろんデザインも大切にしています。
豊富な経験を持つ専門医がミリ単位の精細な技術で手術のプランニングを行い、患者さまそれぞれにあったオーダーメイド治療をいたします。
又、独自に開発をした「Adhesion法」を行うことでさらに美しさへの仕上がりが違います。

器具を使い分ける

患者さま一人ひとりペニスの内側と外側で皮ふ(包皮)の状態に差があり、特に内側の包皮には神経や血管が多く出血しやすい場所になっています。
クリスタルメンズクリニックでは内側と外側で使用する器具を使い分けて切開を行い一般的には追加料金の対象となる極細糸を標準で使用し丁寧に縫合を致します。

少ない出血量

治療を考えている方は「治療中の出血」に心配があると思います。実際に治療を受けられる患者さまにお聞きすると約8割の方は不安とお答えになります。
丁寧な作業による自然な仕上がりを重視するクリスタルメンズクリニックではいかに出血量を抑えるかを真剣に考えております。
包皮の下には大切な血管があります。その大切な血管を確認しながら丁寧に止血を行いますので、治療中の出血は最小限に抑える事ができます。

痛みを取る・和らげる麻酔法

当院では出来るだけ無痛で治療を受けて頂くために、問診表に過去の病気や手術などの既往歴や、薬のアレルギーの有無、現在服用している薬や治療中の病気などについて記入していただき、十分な情報入手に努め患者様一人ひとりに合った麻酔法を選択いたします。

手術後の勃起 Adhesion法

患者様によっては「勃起で傷口が開くんじゃないか」と心配をされる方もいらっしゃいます。
実際に勃起による傷口の治りは大きく関係があります。
クリスタルメンズクリニックの包茎手術は患者様がご自宅に帰ったあとも安心できるように状態に合わせ「Adhesion法」を行います。
Adhesion法を行うと勃起による傷口の広がりが軽減され、より自然な仕上がりになります。
Adhesion法はクリスタルメンズクリニックだけが行っております。

包茎手術方法について

最先端亀頭直下法

亀頭直下法

デザイン

亀頭直下(カリから5mm位のところ)にある冠状溝付近が縫合面になるように合わせて、ミリ単位の精度にこだわった計測を行います。男性自身の裏スジの包皮小帯という重要な部分を残す機能的曲線を組み合わせてデザインを行いますので包皮のあまりすぎや切りすぎの心配もありません。

麻酔

痛みのある治療は誰でも嫌なものです。
当院では出来るだけ無痛で治療を受けて頂くために以下のような麻酔方法を採用し、痛みを和らげる配慮をしています。

麻酔テープ、冷却麻酔スプレーを使用します
当院では患者様一人ひとり、皮ふの状態に合った麻酔法を選択しテープや冷却麻酔スプレーで皮膚表面の麻酔が可能です。痛みが随分と和らぎますので、積極的にお勧めしています。 患者さまからご好評をいただいておりす。

切開

患者さま一人ひとり包皮の厚さや硬さに違いがありますので立体的な切除を行います。
この際、切除面の厚さや円周差などを見極めながら切除をします。
状態に合わせ器具を使い分けながら同時に止血を行いますので、出血量は最小限で済みます。

縫合

抜糸のいらない体内に吸収される高級極細縫合糸を使用します。
一般的には追加料金対象となる縫合糸ですが当院では標準で使用しております。
当院での縫合方法は、傷跡を目立たなくさせる美容外科と形成外科の手法を融合させています。

クリスタルカット法

クリスタルカット法

クリスタルカット法は、ペニスの根元の余分な皮を切除し、包皮を根本に引いて縫い合わせる治療です。治療後の傷跡は陰毛で隠れますので、目立つことがなく気にする心配がありません。

 

ボディジェット法(埋没包茎の可能性がある方へ)

下腹脂肪吸引法

下腹部に脂肪がある方は、下腹脂肪吸引法により、包茎治療さらには長茎の効果が期待できます。
お腹についた脂肪を吸引して取り除くと、元々あった陰茎部が出てきます。
埋没包茎が改善できるとともに、その方により個人差はありますが、2〜5cmの長茎効果が期待できます。

痩せたい部分の皮下脂肪だけをバランスよく減らしていくために患者様の体型や脂肪のつき具合・皮膚の厚み・皮膚のハリなどを診察し、どこをどれだけ細くしたいかなどについてじっくりドクターと相談します。
また、重要なことは手術時間の早さではなく、安全性・治療の効果・患者様が安心して治療を受けられるようにすることですので、患者様の体質により早く終わる場合もあれば、もう少し時間がかかってしまう場合もあります。

癒着形成術

亀頭と包皮内部皮膚が癒着(ゆちゃく)していた場合の外科的な剥離・形成術

  • 包皮を剥いても亀頭の一部から剥がれない
  • 包皮を剥いても亀頭がカリの部分まで剥けない

上記のような症状がある方は癒着形成術を行います。

包皮小帯形成術

包皮小帯とは亀頭の裏スジの事を言います

  • セックスの際に裏スジが傷付いてしまう
  • 勃起の際に亀頭がおじぎをしたようになり裏スジに引き寄せられる
  • 勃起をした際に亀頭や裏スジに痛みがある

上記のような症状がある方は包皮小帯の形成術を行います。